日本企業へ物資供給のお願いをしました。 花王 様からのお返事 Print E-mail

YNクラブでは、東北地方太平洋沖地震が発生してから 「まず行動あるのみ」と流通手段が絶たれ、物があっても必要とされているところに物が届かないという情報を得、某流通会社の温かいご支援のバックアップを若井会長を通じて確保いたしました。輸送料が掛からないのなら、物資を支援してくれる団体や、企業はたくさんあるに違いないと、まず企業の方へコンタクトすることから始めました。

まず我々が明確にしようとしたのは、

何が必要とされていて、日本国内では誰が現地に届けてくれるのかということです。

社団法人東京青年会議所http://jcitokyo-disaster.blogspot.com/ が食料や生活用品(かなりはっきりとどんなものか明記されています。)を受け付けているという事で、まずほぼ中国で生産しているだろう日本の企業に、物資を供給してくれるかどうかお願いしました。

下記が 花王 様から頂いた返事です。

********************************************

いつも花王製品をご愛用いただきましてありがとうございます。

この度は「東北関東大震災への支援」につきまして、お声をお寄せ

いただきましてありがとうございました。

この度、震災を受けられた方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

松澤様からお寄せいただきましたお声は、ご心配いただいている

お客様のお気持ちとして大変あり難く承りました。

この度の松澤様のお気持ちは、弊社の下記のような支援活動に

お気持ちとしてのみいただきます。

どうぞ資金につきましては別の形でのご支援に活用していただければと

存じます。松澤様よりいただきましたご厚情に厚く御礼申しあげます。

 

弊社といたしましては、お困りの地域の方に、紙おむつ、生理用品、

洗剤、歯磨きなどの生活用品を、現地の災害対策本部と連絡を

とりながら必要な製品を提供してまいります。

実際の支援にあたりましては、支援物資が効率的、かつ適切な

状態でお届けできますよう、被災地の災害対策本部と協力して

実行してまいりますので、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

また、今回の被災地は広範囲におよんでおりますため、お困りの

地域に迅速にかつ広くご支援できますよう、業界団体としても支援

してまいります。

 

さらに、被災地での救援活動および復興に役立てていただく義援金

として、花王グループから1億円を支援いたします。

 

「東北関東大震災による被災地への対応について」

 http://www.kao.com/jp/corp/important/20110314_001.html

 

一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

/////////////////////

花王株式会社 消費者相談室(大阪)

〒550-0012  大阪市西区立売堀1-4-1

TEL06-6533-7411  

This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it